FC2ブログ
所プラスで総合格闘技を習い始めたトコロ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラッシュ
おまえは俺を苦しめ
おまえ自身も、賊わせている


今日の映画も…


重い系






イギリスの哲学者
ジョン・スチュワート・ミルは、
私は満足した豚になるよりは、
満足しない人間でありたい。
と言った。

自制心と自尊心。
自分をより守れるのは、どちらなんだろう。

言いたいこと、
知りたいこと、
聞かせたいこと、
解ろうとしていること、
解りたくもないこと。
日々、止めどなく押し寄せては迫りくる
それらの、当たり前の感情が、
まるで余白で遊んでいるような感覚になる。

差別。
真実を歪めて振り分けられるその屈辱。

闇の力に怯えて生き、
光を求めると、
直視できない程の光明に目が眩んで
結局はまた
怯えなければならない。

即座に変わることのない
歪んだ真実が、
受け手の居ない情愛を、
やがて憎悪に変えていく。

耐えて耐えて、耐え忍んで、
涙を流し唇を噛み締めて。
それでも譲れない自尊心。
それでも踏み躙られる、人の核。

何が救いか、見当たらなくても、
何が奈落かは、山ほど思い当たる。


それでも。

ふとしたアクシデントで浮き彫りになる
持って生まれたもうひとりの自分。
奥底で眠っていた、
自分を思い知る瞬間。

極度の緊張状態に立たされた時、
そのもうひとりは、
差別と、命と、自分と…
一体何を守るだろう。

所詮、命よりも尊いものは無く、
生きるってことは、
こうも辛いことなのか。

その、
触れてはいけない開いた傷口を、
力一杯握り締められる。


そして、なぜ独りなのか、
心底辛い時に独りじゃないのは何故か、
その有難さを
どのくらい理解出来てるのか。


問いかけは止まない。




*****************
ブロークバックマウンテンが
昔あったことの回想だとしたら、
これは、今ここで起こっていることのゴリ押し、
みたいな映画、
「クラッシュ」。

深度は似通っていても、
解りやすいリアリティの方が、
より胸を締め付けやすい。
のかなと。








クリックあざっす。
今日もポチっとよろしくデスッ。



*月**日
体重:**.*kg (目標まで *.*kg)
脂肪:**.*% (目標まで *.*%)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。