FC2ブログ
所プラスで総合格闘技を習い始めたトコロ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッド・エデュケーション
この瞬間
信仰を失った
もう神も地獄も信じない

地獄を信じなければ
何も怖くない

どんなこともできる



ジム行かないで…


また映画ッ






浮気者。
出会う人、次から次へと、
自分のものにしたくなる。
たとえこの身を滅ぼしても。
自制心は利かない。
表面的に見える姿を、
妄想で広げて楽しむタイプの人間が、
権力を持って
チカラで押さえ込もうとするから、
性的虐待が起こるのかも知れない。


一途。
どんな目に遭おうとも、
この身を犠牲にしてでも、欲しい。
欲しいものが明確な分、
要らないものも明確。
あらゆるものを踏みにじれる。


好奇心。
知りたい欲望は、
隠そうとする周囲を翻弄しようと、
返って冷静になる。
信じるもの。
信じられないもの。
好きだった彼。
今でも好きな彼。
その違いを履き違えはしない。


いちばん継続性のある思いは、どれか。


相手の思考によって揺らぐ思いは、
一時的に誰よりも熱くとも、
独りでは再熱しない。

熱さが
惰性と執着に摩り替わっても、
それを容認できない。


会えないけど、
いつか会えたらと思い続けることよりも、
会える位置にいながら、
添えない方が辛いのは、
そのせいだろう。


いつか秘密は暴かれる。
暴かれることを恐れれば、弱い。


信じ過ぎてすべてを預けなければ、
消えることさえ怖くはない。



*****************
リアル過ぎな映画、
「バッド・エデュケーション」

ペドロ・アルモドバルさん…ホンモノ過ぎ。



『オール・アバウト・マイ・マザー』で
オスカーを受賞した監督ペドロ・アルモドバルが、
『トーク・トゥ・ハー』、
『死ぬまでにしたい10のこと』ときて、
この『バッド・エデュケーション』。

第57回カンヌ国際映画祭オープニング作品。
ニューヨーク映画批評家協会賞外国語映画賞受賞。






クリックあざっす。
今日もポチっとよろしくデスッ。



*月**日
体重:**.*kg (目標まで *.*kg)
脂肪:**.*% (目標まで *.*%)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。