FC2ブログ
所プラスで総合格闘技を習い始めたトコロ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女の髪どめ
離れた友の
恋の炎で燃ゆる
この心


孤独な男の隣にゃ
神がいる




今日の映画は…

スピリチュアル系




人ひとりの中には、
善と悪が共存している。

誰かの為に、自分の為に。

どちらかが悪で、
どちらかが善。
そう単純な話ぢゃない。

嘘が悪の時もあれば、
そうでない時もあるように。

奉仕的な善人を、
愚かだと思う人が居るように。


見返りは、
求めてしかりと思うけれど、
それを消し去れたらと思う時もある。

思い通りにならない事があった時、
人はだいたい
そう考えるもんだと思うけど、
そんな時にも
自分のしてきた行為に自分自身が満足して、
胸を張って微笑むことが出来たなら。

それは誰にも手出し出来ない
高尚なこと、なんだろう。


人との接触で、
人は欲が出てくる。

好きになれば手に入れたくて、
同情すれば手を差し伸べたくて、
自分の領分をわきまえながら、
力になりたいと願う。



彼は、幻想を見た。
彼女の中に、神を見ていた。

だからこそ、
生きていく為に与えられた全てを、
捧げたかった。


誰の為にでもなく。
微笑む為に。



********************
満足げに微笑む彼に、
どういう感情を持つか…
試されてるみたいな映画、
「少女の髪どめ」。

イラン映画。


風に煽られるカーテン。
揺らぐ炎。
雨の中の足跡。
透き通った水。
埃の中の詩的な映像美が、
たまらん。


2001年モントリオール映画祭グランプリ受賞作




クリックあざっす。
今日もポチっとよろしくデスッ。



*月**日
体重:**.*kg (目標まで *.*kg)
脂肪:**.*% (目標まで *.*%)

たらふくもつ鍋食うたった。
ふぅ…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。